planetscope岩石鉱物詳解図鑑

ご質問・ご指摘等ございましたら、 こちらのブログ記事のコメント欄までお願いします。

スカルン skarn

スカルン(skarn)は石灰岩や苦灰岩などの炭酸塩岩の中や近くにマグマが貫入してきた際にできる接触変成岩。 カルシウム、マグネシウム、鉄、などに富むケイ酸塩鉱物ができる。マグマからケイ酸や鉄、アルミニウムなどが石灰岩の方に移動し、 石灰岩中のカルシウム、苦灰岩の場合はカルシウムとマグネシウム、と反応して新たに様々な鉱物ができる。
スカルン(skarn) 岐阜県神岡鉱山
スカルン


以下に挙げるようなスカルンに特徴的に見られる鉱物のことをまとめてスカルン鉱物と呼ぶことがある。

金属元素に富んだ熱水の影響で方鉛鉱、閃亜鉛鉱、黄銅鉱などの硫化鉱物がしてスカルン鉱床を形成することもある。

関連項目