透輝石 diopside

透輝石(とうきせき, diopside ディオプサイド, トウキ石)はCaMgSi2O6という化学組成を持ち単斜晶系の輝石の1種の鉱物。

透輝石 安山岩の斑晶が分離したもの diopside phenocrysts from andesite Loc. 山梨県南部町上佐野
透輝石。画像幅約4cm。
安山岩の斑晶が分離したもの。
Loc. 山梨県南部町上佐野

透輝石の概要

普通輝石とならんで最も広く見られる単斜輝石(たんしゃきせき、clinopyroxene、クリノパイロキシン、CPX)の1種。

透輝石の産出

超苦鉄質や苦鉄質、中間質の火成岩や、様々な組成の変成岩などに産する。

ハルツバージャイト中の脈状の透輝石 diopside vein in harzburgite Loc. 千葉県南房総市
ハルツバージャイト中の脈状の透輝石。画像幅8cm。Loc. 千葉県南房総市

透輝石の産業的利用

透輝石の美しい結晶は宝飾品に用いられることがある。

関連項目

岩石鉱物詳解図鑑トップへ戻る

参考文献

  • 番場猛夫. (1980). 北海道日高千栄産クロム透輝石ヒスイ: 日高ヒスイ (1972) 補遺. 宝石学会誌, 7(1), 9-13.
  • Hervig, R. L., & Smith, J. V. (1981). Dolomite–apatite inclusion in chrome-diopside crystal, Bellsbank kimberlite, South Africa. American Mineralogist, 66(3-4), 346-349.
  • 内藤好文. (1988). 山梨県南部町佐野川上流産宝石質クロム透輝石について. 宝石学会誌, 13(1-4), 25-30.
  • planetscope岩石鉱物詳解図鑑

    ご質問・ご指摘等ございましたら、 こちらのブログ記事のコメント欄までお願いします。

    planetscopeサイト内の画像利用については、 こちらの記事を参照ください。