planetscope岩石鉱物詳解図鑑

ご質問・ご指摘等ございましたら、 こちらのブログ記事のコメント欄までお願いします。

青色片岩 blue schist

青色片岩(せいしょくへんがん, ブルーシスト, blue schist)とは藍閃石などのナトリウムに富み青色を呈する角閃石を含んだ結晶片岩。 沈み込み帯のスラブ上面のように低温高圧環境での変成作用に特徴的な変成岩。 源岩は玄武岩などの苦鉄質岩で、温度200-500℃、圧力0.6-1.2GPa(深さにして20-40 km)の条件で形成される。
日本では三波川変成帯や黒瀬川帯などから産する。
青色片岩の主な構成鉱物は、藍閃石やリーベック閃石などのナトリウムを含む角閃石の他、ローソン石、ヒスイ輝石、ソーダ雲母、緑泥石、霰石などを含む。
青色片岩(東京都日の出町) ブルーシスト、藍閃石片岩
青色片岩(東京都日の出町)、画像幅約15cm
青色部分は藍閃石、白色の脈はローソン石

関連項目