ラブラドライト labradorite

ラブラドライト(曹灰長石, そうかいちょうせき, labradorite)斜長石(灰長石anorthite曹長石albite)のうち、Ab50-30An50-70という組成 を持つものの呼称。化学式で表すと、(Nax, Ca1-x)Al1-x Si2+x O8(x = 0.5-0.3)となる。三斜晶系。現在では正式には用いられず、灰長石として扱われる。
ラブラドライトはマイクロメートルスケールの繰り返し双晶を持つことで、薄膜干渉による青色、黄色、オレンジ色などの閃光を放つことがある。美しい閃光を放つものは「ラブラドライト」という名称で宝飾品として用いられる。

青色の閃光を放つラブラドライト(曹灰長石 labradorite)


別角度から撮影したラブラドライト

関連項目

岩石鉱物詳解図鑑トップへ戻る

planetscope岩石鉱物詳解図鑑

ご質問・ご指摘等ございましたら、 こちらのブログ記事のコメント欄までお願いします。

planetscopeサイト内の画像利用については、 こちらの記事を参照ください。