planetscope岩石鉱物詳解図鑑

ご質問・ご指摘等ございましたら、 こちらのブログ記事のコメント欄までお願いします。

トーナル岩 tonalite

トーナル岩(とーなるがん, tonalite)は深成岩の一種。 花崗岩と閃緑岩の中間のような性質を持った岩石である。花崗閃緑岩よりもさらに斜長石に富み、カリ長石が少ない。
トーナル岩 トーナライト Tonalite 神奈川県丹沢のトーナル岩
トーナル岩(神奈川県丹沢)

トーナル岩の定義と概要

トーナル岩は「石英が20-60体積%で、かつ長石のうち灰長石に分類されるものが90-100%である岩石」と定義される。QAPF図において右端に当たる領域で表わされる範囲である。 花崗閃緑岩よりもさらに灰長石が多く、アルカリ長石(カリ長石、曹長石)が少ない。 また、閃緑岩、石英閃緑岩よりもさらに石英を多く含む岩石ということもできる。

トーナル岩の組成は、火山岩のデイサイトの一部に対応する。デイサイトは花崗閃緑岩、トーナル岩の両方を合わせた領域の組成を持つ火山岩である。

火成岩の分類 深成岩 QAPF図 日本語

トーナル岩の主な構成鉱物は、無色鉱物である灰長石(Anorthite)、曹長石(albite)、石英(quartz)が90%程度を占め、 これに10%程度の有色鉱物を伴う。有色鉱物は大抵の場合、黒雲母(biotite)または角閃石族(amphibole family)である。 アクセサリー鉱物(微量ではあるが普通に含まれる鉱物)として、磁鉄鉱、チタン鉄鉱、磁硫鉄鉱、緑簾石、燐灰石、ジルコン、褐簾石、チタン石(titenite、スフェーンspheneとも)等が挙げられれる。

成因・産出地

実験岩石学により、花崗岩類は含水状態の玄武岩質岩石が高温に晒されて部分溶融することで形成することが知られている。地球の大部分を構成するマントルのかんらん岩を溶融させて花崗岩類を形成することはできない。 含水した玄武岩質岩石の部分溶融という条件が達成されるのは、ほとんどの場合プレートの沈み込み帯である。

石材としての産業利用

狭義の花崗岩と同様に石材に利用される。 

関連項目

岩石詳解図鑑トップへ戻る