planetscope_埼玉県の翡翠_鉱物採集産地情報


埼玉県寄居町西ノ入のヒスイ輝石Jadeite・藍閃石Glaucophane

訪問日 2012.04.08.

JR八高線折原駅から歩いて30分ところにある、寄居町西ノ入には稚童岩(Chigo-Iwa)と呼ばれるヒスイ輝石Jadeiteを含む岩石の露頭があります。ここの岩石はヒスイ輝石を50%ほど含み、残りは大半が石英Quartz、さらに藍閃石Gloucophaneが含まれているのが分かります。
ヒスイ輝石も藍閃石も高圧変成を示す鉱物として有名です。
その他の鉱物として、エジリン(錐輝石)、緑閃石、透輝石、ジルコン、褐簾石、磁鉄鉱などの副成分が見られます。

産総研の20万分の1地質図(下図参照)を見ると西ノ入のあたりには三波川変成帯は露出していないことになっていますが、実際にはブロック状に低温高圧変成岩や結晶片岩、さらには蛇紋岩などが見られます。
埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む岩石
↑西ノ入周辺の20万分の1地質図(産総研から)
 黄緑色のところが三波川変成帯、紫色が蛇紋岩などの超塩基性岩、水色が閃緑岩など、緑色が弱変成を受けた玄武岩など(緑色岩)とされているが...

今回歩いた場所の様子です。
A〜Cの地点は以下の解説に対応します。右上のオレンジのラインがJR八高線です。
B地点の稚童岩には赤い矢印で示したように、点線の道に沿って歩いていくことになります。
埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む岩石

(1)A地点
石墨片岩?、千枚岩?、と見られる層状の片理構造が発達した岩石からなる露頭が見られた。
埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む岩石埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む岩石
埼玉県寄居町西ノ入_変成岩
↑露頭の周辺とそれを構成する岩石の様子

(2)B地点
A地点から道なりに10分弱ほど進むと、途中で道がとても細くなる。そこで左折して今度は沢沿いに歩くと2分ほどで稚童岩と呼ばれるヒスイ輝石を含む岩石でできた露頭に至る。露頭は西向きの斜面にある。
埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む岩石_稚童岩埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む岩石_稚童岩
↑A地点からB地点(稚童岩)に至る道(左)と、沢筋(右)の様子。

埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む岩石_稚童岩埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む岩石_稚童岩
↑稚童岩のヒスイ輝石を含む岩石の露頭の様子。

埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む岩石_稚童岩
↑新鮮な面を割り出した様子。薄い緑色をしている。
 ヒスイ輝石が半分、石英がもう半分といった組成だという。
 糸魚川などの宝石になる「ひすい」はヒスイ輝石が90%を超えるもので、緻密な結晶から成る岩石のためハンマーで割るのは大変であるが、こちらの埼玉のヒスイは比較的容易に割れる。ただし、その分脆いし、見栄えもしないので宝石にはならない。

埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む岩石_稚童岩
↑採集したサンプル。

埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む岩石_稚童岩埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む岩石_稚童岩
埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む変成岩_稚童岩埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む変成岩_稚童岩
↑この岩石の中には石英脈が発達している。
 1mm以下の細いものから数cmの太いものまで様々である。
 また、細かなものであるが黄鉄鉱や磁硫鉄鉱、さらにそれらが分解して二次的にできたと考えられる褐鉄鉱のような金属鉱物も見られた。

埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む変成岩_稚童岩埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む変成岩_稚童岩
↑ヒスイ輝石をあまり含まず、クリーム色を呈する岩石も見られた。ほとんどが石英からなる岩石のようである。
 青色の藍閃石が副成分として含まれているのが目立つ。

上記2種の岩石について、薄片を作成して偏光顕微鏡で観察してみた。
埼玉県のヒスイ輝石(岩石薄片観察変成岩のジルコン)埼玉県のヒスイ輝石(岩石薄片観察変成岩のジルコン)
↑ヒスイ輝石石英岩の薄片。直交ポーラーで観察。
ヒスイ輝石はNaとAlという軽い元素しか含まない輝石のため、輝石類の中でもっとも屈折率が低く、薄片観察の上では余り魅力的ではない鉱物である。石英との区別は干渉色では難しいが結晶の形によりすぐにわかる。
ときどき明るい干渉色の鉱物が入っているが、これはジルコンである。この産地では肉眼でも識別できるくらいの比較的大粒の1〜1/10mmクラスのジルコンが多産する。
埼玉県のヒスイ輝石(岩石薄片観察変成岩のジルコン)
↑石英を主体とした岩石の薄片。直交ポーラーで観察。茶色いのは藍閃石?
中央の鮮やかなピンク色の粒はジルコンで自形がよく両錐型がよく分かる。

埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む変成岩_稚童岩埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む変成岩_稚童岩
↑ヒスイ輝石-石英岩の中の、藍閃石に富む部分。右の写真で画像幅約25cm
 層状に藍閃石が入っていることが分かる。
埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む変成岩_稚童岩
↑上の写真と同じ標本の藍閃石部分のアップ。
 繊維状の結晶になっているのが見える。

(3)C地点 -おまけ
ついでなので、というか電車代をケチるため(笑)、東武竹沢駅まで歩いたところ、途中のC地点で風化した閃緑岩の露頭が見られました。
金勝山と同じで跡倉ナップと呼ばれるクリッペ(根なし山)で、低角度の衝上断層(スラスト)により移動してきて上に乗っかった構造であると言われています。三波川変成帯の上昇とはどのように関係しているかは、まだよくわリません。。。
埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む変成岩_稚童岩埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む変成岩_稚童岩
↑露頭の周辺の様子(左)と露頭で見られた風化して真砂のようになりつつある閃緑岩(右)
 たしかに閃緑岩ですが、もうボロボロです・・・
埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む変成岩_稚童岩埼玉県寄居町西ノ入で見られるヒスイ輝石や藍閃石を含む変成岩_稚童岩
↑石英脈のような部分も見られた。

このあたりの地質はかなり入り組んでいるようですね。
20万分の1地質図ではこのあたりには三波川変成帯は見られないとされていますが、では、このヒスイ輝石や藍閃石を含む岩石はどこが起源なのか、超塩基性岩などとの関連はどうなのか、など気になることも沢山あります。


鉱物採集TOP

地球惑星科学TOP

planetscope TOP