2014 岩手県雫石町葛根田熱水地帯の鉱物採集

Mineral collecting in Kakkonda, Shizukuishi town, Iwate Pref.


採集の概要

2014年11月25-26日に、岩手県雫石町の葛根田熱水地帯へ鉱物採集に行った時の様子です。 この産地での狙いは湯河原沸石で、湯河原沸石ほぼ単体の脈があるとのことでしたが、実際にはほとんど塊上の集合になっており、 鉱物採集としてはあまり食指の動くようなものはありませんでした。 代わりに、河原の転石から雑銀鉱や自然銀が採集できたので、これらの方が大きな収穫になりました。

フィールドノート

今回の採集での岩手県葛根田の様子を時系列でまとめたものです。

静岡県の鉱物採集産地情報_口仙俣 岩手県の鉱物採集産地情報_葛根田_湯河原沸石_銀

新幹線を使って1泊2日の採集旅行の予定でしたが、初日になんと大寝坊してしまい新幹線を乗り過ごしてしまいました… 代わりの新幹線で行ったところ、皆様と合流出来たのはもう午後の日も落ちて薄暗くなり始めた頃に… 葛根田川玄武洞よりも少し上流の河原で転石から湯河原沸石などを探しているところでした。 湯河原沸石は薄い脈に沿ってうまく割り出すと頭付きの結晶が見られます。自分では採集できず、大先輩のSさんからおすそ分けしていただきました。 この日一番の収穫は、メンバーの1人が採った陶器質石英についた雑銀鉱(ポリバス鉱)でした。黒いつぶつぶがたくさんついた立派な標本でした。

岩手県の鉱物採集産地情報_岩手山_雲海

岩手山の山麓にある網針温泉に宿泊。翌朝、宿からは岩手山の裾野に広がる一面の雲海が絶景でした!

岩手県の鉱物採集産地情報_葛根田_湯河原沸石_銀 岩手県の鉱物採集産地情報_葛根田_湯河原沸石_銀

この日は昨日よりもさらに上流の葛根田熱水地帯へ。ここでは昔は宿泊施設もありましたが、現在は廃業しています。 駐車場とトイレだけは整備されているので、採集には丁度いいのですが、自動販売機などの設備はないので飲料はちゃんと持って行きましょう。 この付近ではいたるところに熱水や噴気が噴出しており、川の対岸にはいくつかの噴気孔が見られ、またコンクリートの壁面舗装も酸性の熱水でボロボロになっている場所がいくつも見られます。

岩手県の鉱物採集産地情報_葛根田_湯河原沸石_銀 岩手県の鉱物採集産地情報_葛根田_湯河原沸石_銀

葛根田熱水地帯では東北電力が地熱発電をしています。付近ではたくさんのくねるパイプ群が見られ排気筒からは白い湯気が盛んに上がっています。 秋の紅葉の中にたくさんのパイプが入っている様は不思議な""工場萌え""スポットでした。 この日は、紅葉の中、まさに行楽日和の気持ちのよい採集でした。

岩手県の鉱物採集産地情報_葛根田_湯河原沸石_銀 岩手県の鉱物採集産地情報_葛根田_湯河原沸石_銀

これが例の湯河原沸石の脈が入った露頭の様子。白い玉髄脈がいくつも平行して入っているのが見られます。

岩手県の鉱物採集産地情報_葛根田_湯河原沸石_銀 岩手県の鉱物採集産地情報_葛根田_湯河原沸石_銀

白い脈は外側から中心へと、玉髄、湯河原沸石、濁沸石の順に左右対称に結晶しています。 脈が太っていて真ん中の部分が空隙になっている場所では湯河原沸石が自形結晶となり頭付きのものが採集できますが、9割はただのぼそぼそとした粗粒の白い塊です。 右の写真の脈はいったい…???

岩手県の鉱物採集産地情報_葛根田_湯河原沸石_銀 岩手県の鉱物採集産地情報_葛根田_湯河原沸石_銀

この露頭の左側にはかつての噴気孔跡が森に埋もれそうな形で残っており、変質で出きた粘土をほじくると自然硫黄の結晶が採集できます。 自然硫黄の結晶は現役の噴気孔では結晶成長速度が速く、針状や稲妻状の骸晶になっていますが、このような死んでいる噴気孔跡では粒状のやや透明度の高い結晶も採集出来ました。 ただし、母岩がネチョネチョでグズグズの粘土であるため、せっかく結晶が綺麗でも持ち帰るのは難しいです。 なるべく大きく採って、家に帰ってクリーニング、よく乾燥させてから必要であれば母岩にボンドを溶かした水を染み込ませるなどの処理が必要です。 ……ボロボロなので「どうせ持ち帰ろうとしても結晶が壊れてしまう」と他の皆さんはせっかく掘り出したものをあまり持ち帰らなかったので、片っ端から回収させていただいたところ、 案外結晶が折れずに持ち帰れたので、そこそこ上質の硫黄の標本がたくさん手に入って満足でした。

岩手県の鉱物採集産地情報_葛根田_湯河原沸石_銀 岩手県の鉱物採集産地情報_葛根田_湯河原沸石_銀

湯河原沸石は大したものが採れませんでしたが、自然硫黄ばかり採って、駐車場まで戻ってきたところで、目の前の河原に降りてこの旅最後の採集。 駐車場目の前の河原でも上流から流れてきた湯河原沸石脈の入った転石が採れるとのことで、メンバー各々白い脈を見つけては叩く、ということをしていたのですが…

岩手県の鉱物採集産地情報_葛根田_湯河原沸石_銀

自分はもう湯河原沸石は転石で見ててもよくわからんので、むしろいくらか転がっている銀黒のような陶器質石英の方ばかりに目が言ってまして、それを叩き割って遊んでいたのですが… そしたらなんと、雑銀鉱を採ってしまいました!! 標本中央付近の黄ばんだ所は濁沸石を含んでいるところで、その両側を中心に沢山の雑銀鉱が点々とついています。

岩手県の鉱物採集産地情報_葛根田_湯河原沸石_銀 岩手県の鉱物採集産地情報_葛根田_湯河原沸石_銀

雑銀鉱部分の顕微鏡写真。画像幅約5mm。黒いつぶつぶや銀色の脈状に連なっているのが雑銀鉱。新鮮だと銀色ですが、錆びると黒色になってしまいます。

葛根田熱水地帯では、歴史的に一度も銀の採掘対象になったことのない地域で、鉱山はまったく残されていません。 歴史の長い国である日本国内ではとても珍しい産地です。銀鉱物といえば、通常は鉱山跡のズリでしか採れませんが、葛根田のような全く鉱山の対象になっていない場所で これほどリッチな銀黒を採れるとは思っても見ませんでした。 天気に恵まれた紅葉の中、秋の気持ちのよい採集になり、2014年最後の鉱物採集としてもとても良いものになりました。

planetscope 都道府県別 日本鉱物産地情報の一覧ページ

planetscope フィールドノートTOP

planetscope TOP

岩手県葛根田の鉱物採集産地情報_湯河原沸石・自然硫黄・雑銀鉱